TOPLOGO

人生攻略 | 夢を叶えるためのロードマップ

2020-01-16 05:49:41

人生攻略サイトやりたいことライフハック

no_image
要約:どうやったら夢が叶うのかも既にわかってきているのではないか。

学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books) 夢をかなえるゾウ 君に友だちはいらない

はじめに

我ながら意識高い記事を量産してきたと思う。

基本的に「生産性」をあげなくちゃどうしようもないよねという話だ。そのためのパフォーマンスであり、睡眠であり、やらないことリストでありモチベーションである。

しかしこれは、「個人」で生産性を上げる方法論だった。

これを書いてきた私が個人で活動しているからそうなっていた。今回は大きな夢を叶えるためには仲間が必要だよねという話をしたい。

夢と挑戦と失敗と恥

大人になってから夢という言葉を見ると少し恥ずかしくなった。青いというか、自分の限界を知るというか、何ができて何ができないのかがわかってくるからだ。過去の記事で「得意なことだけやって成果を上げろ」と書いた。できもしないこと、苦手なことをやっていても成果上がらないし効率も悪い。ただ世の中には、やってみたら意外とできたということもたくさんある。まずは得意か不得意も分からず、現在やっている「得意と思っていること」だけをするのではなくいろいろ手を出すことも必要かもしれない。特に、成果が上がっていないときは尚更だ。

また、新しいことに挑戦すると必ず最初は失敗して恥をかく。それも夢なんていう大きなことに挑戦したら間違いなく失敗する。それも大人になってから理屈でものを考えるようになってしまう理由かもしれない。

その恥ずかしさを乗り越えられるなら夢は半分叶ったようなものなのかもしれない。

夢の叶え方のおさらい

夢を叶える方法をとある動画でみたので、そのままコピペさせてもらう。

1,発言する。(宣言する) 2,助けてもらう。 3,諦めない。

まずは、何をしたいのかを宣言する。思っているだけでは駄目だ。まずはレベル1として発言する。誰かに聞いてもらうことが大事だ。次に、助けてもらう必要がある。夢はだいたい一人では無理なので助けが必要だ。一人で叶えられるのであれば夢ではなく目標かもしれない。ここがかなり難しい。そして、助けてもらったのであれば諦めないということだ。この3つのステップを踏めば必ず成功する。後は試行錯誤をすることも大事かな。言われたことだけやっていてはどうしようもない。1日中、頭を使ってアイデアを出し行動することだ。

2の助けてもらえるかどうかが大事

1と3については、個人的に解決できる話だ。周囲の人達やSNSで何をするのかを宣言し、諦めない。これは一人でできる。しかし、助けてもらうがめちゃくちゃ難しい。ではどうやって助けてもらうのか? ただ助けて下さいと言われたとしても世の中には助けを求めている人は無数におり、特定の人を助けるというのはなかなかできることではない。

実績を作る

助けてもらうためには、まずその個人が助けたらやってくれそうな空気を出すことが大事なのではないかと思う。

「世界一周がしたい」という夢を語られ、そのためにお金を貸してくれと言われたとしても、何も実績もなく毎日家でゲームをしていた人に金を貸すだろうか。極端な話をすればそういうことだ。もしその人が、毎年富士山に登っていたり、過去に日本一周をしたことがあったり、何か圧倒的努力をしているのであれば応援したくなる。そして、その圧倒的努力は個人的にできることであり、助けは必要ではない。ゆえに、「夢を叶えるためには助けが必要なので、助けてくれ」という前に”一人で”実績を積むことをおすすめする。仮に、私が誰かを誘って「一緒にブログをやらないか?」と言った場合、過去に記事を書いていて、アクセス数が多い場合と一切ブログやアウトプットをしていない状態で「ブログをやらないか?」と誘った場合では成功率はかなり違ってくるはずだ。ということで、やりたい夢の助けを求めるまえに、それに近いことを個人でやって、達成するというのが大事だ。

まずは一人でやれるところまでやる

いきなり実績もないのに助けを求めたり、仲間を集めようとしないほうがいい。時間の無駄だからだ。

一人で頑張ってそれでも駄目なとき、そこで初めて助けを求めればいいのではないだろうか。それができない人は常に他力本願であり夢を叶えることはできない。

何もしなければ失敗はないし恥も掻かないがそれで幸せか?

最後に好きな漫画、ハンターハンターの好きなセリフから1つ。「挑戦をやめたときが人生の終わるとき」

 リンク