TOPLOGO

同調圧力に勝てないと幸せになりにくい

2020-03-07 13:54:38

人生攻略サイトライフハック精神論

no_image
要約:同調圧力について知っておく必要がある

同調圧力を意識する

同調圧力という言葉を久しぶりに聞いた。聞いて意識して考えてみた。

同調圧力とはなんだっけ? あ〜そうそう多数の意見に強引に合わせさすことだ。

「みんながやっているからやれ」という感じだ。私が嫌う類のものであるし、これを嫌う人達は多いように思う。

同調圧力に負けない方法は、大金を持つこと

とっとと、結論を書く。

同調圧力に負けない方法は、お金を手に入れることだ。

月収100万円を超えてからは、お金で幸福感は変わらないという話を聞くが、これは同調圧力に勝てるようになったからなのではないかという見方ができるかもしれない。

「お前らの意見を無視しても一人で生きていける」という感じだ。

もし金がなければ、みんなの意見に合わせていかないと最悪死ぬことになるかもしれない。そういう危機感が無意識的にあるから人に合わせるという作業が始まるのだ。そして、人に合わせていくと精神的に辛くなり鬱になったり、毎日がつまらないと感じるのだ。(もちろん面白いことに挑戦している人の意見に合わせているので楽しいというパターンもある)

同調圧力に勝っている人が書く本

自己啓発本が売られているということは、買う人がいるということだろう。

自己啓発本を書いている人達の多くは既に成功者であることが多い。つまり、金があるということだ。上記で書いたが金があれば自由に暮らせるのが資本主義である。

そして、普通の人達はその自由に憧れて本を買うのだ。

自由を手にする本を書いている人と不自由で本を読んでいる人との間には、「同調圧力」に勝っているか負けているかという違いがあるように思う。そして、同調圧力に負けない人を勇気がある人と思う。このブログでも最近記事にしたが、「人生は勇気ゲーム」である。どうしても自分がやりたいことを やる(自我を通す)となると同調圧力と戦う場面がくる。それに勝てるかどうかがポイントだ。そして、勝つためにはお金があればいいことも分かってきた。

どれだけ「俺はやりたいことをやる!」と言ったところで先立つものがなければ何も始められないのだ。

貧乏な家庭に生まれて同調圧力に負けた場合が地獄

金持ちの家に生まれた場合は、そのまま周囲に合わせて生きていれば、そこそこ幸せかもしれない。

が、貧乏な家庭に生まれてしまい、さらに同調圧力で自己実現をしないという選択肢を取ってしまった場合どうすることもできない。

結局どこかで勇気を出して自分がやりたいことをするということをしない限り人生は開かないだろう。

「同調圧力、勇気、幸せ」は全てつながっている

周囲の空気に合わせているだけで幸せを感じることができる人もいるが、全員がそういうわけではない。

毎日なにか物足りない、つまらないという人のほうが圧倒的に多い。それは同調圧力に負けて自分がやりたいことができていないからだ。そして、結局それは勇気がないという話になる。

勇気がなければ全てを失うということわざもあるぐらい勇気は大事で、やりたいことをするためには勇気が必要だ。そして、勇気があれば同調圧力に負けることもない。つながっているのだ。そして、同調圧力に勝つには敵を作っても良いという精神力と資金があればよい。また仲間がいると心強い。そんなことが分かってきた。

コンテンツがあなたにしてあげれるのは「勇気を出せ」ということだけ

書籍でも音楽のライブでも、映画でもゲームのRPGでも漫画でも、あらゆるコンテンツはあなたに勇気を出せと言っている。

そんなコンテンツを見なくても、あなたはただ勇気を出すだけで良いのだ。どうしても素で勇気が出せないのならお金を稼ぐところからスタートしよう。空気を読まずに生きるためにはお金があれば問題ないからだ。

まとめ

働かずにコンテンツばかり消化していても人生は始まらない。まずは金を稼いでから全てが始まる。金を稼がなくても幸せになれるという類の本を何冊も読んだことがあるが全て無意味に感じた。

同調圧力に勝つには勇気が必要で、勇気を出すには金が必要。個人的には今そんなことを思っている。

もちろんこれに関しては切り口が無限にあり、金なんてなくても筋肉さえあれば勇気は出るぞといったような意見もあるだろう。もちろんそれも否定はしない。ただ、金があると自由になれることは確かだ。

同調圧力に負けない勇気を手に入れると、金を稼ぐことに抵抗もなくなる。「こんなビジネスおかしいよな」と思うことがなくなるのだ。それは同調圧力を無視している状態だからだ。行動力が高い人は同調圧力を無視できている。行動力が高いと言われている人を思い浮かべてみて欲しい。それは現実の世界でも漫画の世界でも構わない。同調圧力に負けて、人の目ばかり気にしている人で行動力が高いということはない。全てつながっているのだ。そこに気付いて行動することができればきっと近い将来幸せな生活を手に入れることができる。

 リンク