TOPLOGO

荒野行動(KNIVES OUT)でソロドン勝するために5日(234戦)かかった話

2018-03-08 01:57:53

荒野行動ゲーム攻略

no_image
要約:最近はまっている荒野行動についての話をします。

はじめに

最近vaingloryとシャドウバースをアンインストールして、おまけにポーカーもやめていました。

その理由はいろいろあるんですが、その代わりに荒野行動をはじめたんですね。

それがまあおもしろくて、ドハマリしました。その面白さと初心者が初心者向けにアドバイスをするならこうだという話をしておきます。

ソロドン勝つの平均試合はいくつだろうか?

私はシングルのみの試合しかしていません。それはあまりに初心者だからまずは1人で勝てるようになるまではやるべきではないと思ったからです。

そして、今ソロドン勝つができたので、テンションあがって記事にしています。

結果をいうと、私は「234戦闘回数、98キル」だったようです。勝利数が2になっているのは最初のBOT試合が含まれているからでしょう。

インストールしたのは3月3日、ドン勝つできたのは3月8日

5日目で見事に勝つことができました。序盤と中盤と終盤で考え方が違うのは将棋に似ていますね。結局どのゲームのそうですが、勝つためにはそれぞれ覚えることが多いです。攻略動画を見倒したのですが(充電中)頭でわかっていてもできないということがしばしばありました。

5日目でドン勝つははやいのか遅いのか分からないですね。

諦めてしまう人が多そうなゲーム

いつまで経っても勝てないと思っていました。最後の5人ぐらいからはいつもビクビク、気付けばヘッドショットで即死というのが多かったです。これは、心が折れてしまう人が多いゲームだと思います。

初日に2位にはなれたし、2位は何度もなれる

最初から敵がいない場所にいってアイテムを回収して、ずっと戦闘を避け続ける。本当に最後の最後、敵が5人ぐらいになるまで、忍者のように立ち振る舞うことは可能みたいです。もちろん、私は初心者なのでマッチングしているメンバーも初心者の集まりだとは思いますので、うまい人が集まっている場合は難しいでしょう。そうやって隠れていれば5位ぐらいなら何度もとれました。というか、このゲームは、1位意外は全て負けだと思いますね。

全てはエイム

勝つためのコツを1つだけいうなら、相手がいたら逃げずにキルを取る動きをすること、だと思います。相手にうたれたら背中をむけて逃げいるようでは相手が一方的に撃ってきますので、勝つことはできません。一瞬視界からはずれて、相手を見るというのがとても大事だろうと思います。もちろん、こちらの武器が何もなければ逃げる一手なのでしょうが。

そして、的を相手にあわせるはやさがめちゃくちゃ大事ですね。アイテム回収のとき下をむいて歩いていると敵がいたとき一瞬遅れます。この一瞬が命とり、弾3発ぐらいあたってしまうと死んでしまうので、本当に1秒以内の戦いになります。基本的に的は下げることなく相手がいつ画面にうつってもいいように準備しておくことですね。これが全てだと思います。最後の最後二人になったときとか緊張したけれど、それだけ考えていました。相打ちOKという考え方ですね。一方的にノーダメージで相手を倒そう、安全な場所からだけ撃とうという意識では勝てません。

どうせ相手も初心者と思い込む

他のゲームでも大事なことですが、相手は全員うまいプレイヤーだと思ってしまいがちですが、スマホゲームということもあり、操作は難しい。相手がいたからといって全部弾を当ててくるわけでもないです。ですので、どうせお前の弾なんてあたんねーよぐらいの感覚で戦っていたほうが勝てると思います。

支援物資を積極的に取りに行く

とりあえず一回だけドン勝つをしてみたかったというのが大きいのですが、支援がみえたら基本的に取りにいっていました。もちろん、それを狙っているプレイヤーはたくさんいて、実際に撃たれて死ぬこともあったのですが、結局初心者なんだから、強い装備を手に入れておかないとうまいプレイヤーには勝てないと思っていた。ここはギャンブルに近いですね。まずは一勝がしたいという方は物資を取りに行ってみることをおすすめします。(やられる覚悟で)

まとめ

M24かKarあたりでヘッドショットが綺麗に決まるとなんともいえない快感を得られる。これは別ゲームにはない感覚で、時間を忘れて遊ぶことができた。作業をしている感覚がないというのがでかいし、一斉に100人と戦うので、相手が弱いから手を抜くといったようなことも考えなくていい。運の要素は結構ある方だとは思うが、プレイヤースキルを高めることもできるので、上手くバランスがとれているゲームですね。アップデートが明日あるようなので、その前にドン勝つができてよかったです。今度はチーム戦もやってみたいと思います。

 リンク