TOPLOGO

荒野行動(KNIVES OUT)がうまくなるとはどういうことか

2018-03-14 06:15:01

荒野行動ゲーム攻略

no_image
要約:最近はまっている荒野行動についての話

荒野行動がうまくなりたい人へ

荒野行動がうまいとはどういうことだろうか?というのをきちんと考えてプレイしないといつまで経っても上達するはずがない。何がうまいプレイで何が下手なプレイなのかを分からな以上サルがやっていても同じだ。

で、荒野行動がうまいとはなにかについて今の時点で分かっていることをまとめておきたい。

① AIM(エイム)力

FPSは主に銃で戦うゲームだ。銃なんだから当たれば即死。荒野行動でもヘッドショットを喰らえば一撃で倒されることは日常茶飯事だ。ということは、相手の頭に先に弾をあてれば勝てるということになる。荒野行動がうまいとはまず、相手にヘッドショットをすばやく当てる事ができる技術は必要だろう。

② 隠れる技術

一撃で死ぬゲームなのだから、自分の居場所がバレてしまえばほぼ負けだ。自分より先に相手をみつければ、その戦闘において勝率は高くなる。ゆえに、相手をみつける能力=身を隠す能力というのは必要だろう。

③ アイテムの使用

アップデートによってさまざまなアイテムが増えている。今後も増えていくだろう。アイテムを持っていても使わなければ意味がない。どの場面でいつ使うかというのはとても大事だ。アイテムの使用がうまいというのは荒野行動がうまいと言えなくもない。

④ アイテム回収の早さ

リアルタイムで争うゲームであるがために、他のプレイヤーより何事も早いほうがよい。アイテム回収の素早さというのも荒野行動がうまいということの1つの要因であることは間違いない。まず、自分がどういう武器を持ちたいのかというのはしっかりと頭に入れて動いておいたほうがいい。AKを使うのはM4を使うのか、もちろん場面によって違うだろうが、その場面も考えておくと迷いがない。

⑤ 強い場所を知っているかどうか

毎回同じマップで戦うわけだから、強い場所をいくつ知っているかというのは荒野行動がうまい下手を分けるものだ。基本的ん高いところにいたほうが強い。あとは家の強さ。このエリアならここが強いという情報をいくつも知っているプレイヤーははやり勝率は高くなる。

⑥ 家の攻略

さまざまなタイプの家がある。いろいろな攻略動画をみたが壁を伝って隣の部屋に入るということも可能だ。相手が待っていると分かっている部屋に飛び込むと勝率は下がるだろう。相手の裏をかいて立ち回れるようになればうまくなるだろう。

⑦ 残り一桁からの上手さ

約100人からスタートするこのゲームは徐々に人が減っていき増えることはない。そして、100人がいるときの立ち回りと最後5人になったときの立ち回りは別のゲームといっていいほど違う。エリアが小さいのに15倍スコープを使うタイミングはあるだろうか?ときと場合によって装備を変えることも荒野行動のうまさの1つだ。ギリースーツが強い場所と弱い場所というのも存在する。いつでも物資のアイテムが強いというわけではないことをちゃんと意識できているだろうか。また衣装も場合によっては脱ぐことも必要かもしれない。

⑧ マップの理解度

どこに車が湧きやすいか、船が湧きやすいかというのはある。ランダムなようにみえてランダムではない。強いアイテムが落ちていやすい場所のも存在しているから一応全部覚えておく必要はあるだろう。

⑨ 相手の動きを予想する力

エリアが小さくなっていくとどうしても家に入りたくなる。そして、我先に家を取りに車で移動すると次々と3人のプレイヤーがきたことがある。二人は倒せたが最後の1人に倒されてしまった。人気スポットはいつも避けたほうがいいだろう。結局ドン勝狙いであるならば、人と出会わずに最後の1人だけ倒せばいい。そして、相手の動きを予想するのは経験を積む意外にないだろう。頭でわかっていても手が動かないこともある。

⑩ いろいろな戦法を知る

橋を使って検問をする、というプレイをみたことがあるだろうか。そのようにいろいろな戦法が存在していることをまずは知っておかなければならない。六角は強いのか弱いのか。強い六角と弱い六角があるのだろうか。車は序盤と終盤で車種を使い分けたほうがいい。次のエリアがどこになるのかをなんとなく予想して1つ前のエリアから動いておくといい。部屋で敵が待ち構えていそうなところを予想して立ち回れると強いかもしれない。相手はどんな武器を持っているのかがわかるといいだろう。結局のところその場の対応が求められるゲームだ。

まとめ

1対1で戦っていると思ったら後ろからヘッドショットされた、ということがしばしばあった。はっきりいうと、うまくなっても最終的には運が絡んでいると思う。あまり真面目にやっても最後は運じゃんとなりかねない。まあ、それも含めて楽しみたいと思う。勝つことだけを考えて動くと辛いので楽しむことを考えて遊んでいたいと思う。

 リンク