TOPLOGO

Vaingloryフレンド募集掲示板をリリースしました

2017-12-19 18:42:17

新サービスリリースVainglory

no_image
要約:Vaingloryのメンバーを募集できるサービスをリリースしました。

Vaingloryという名のスマホ向け最高峰のゲームについて

綺麗な画質でゲームがしたい。しかもスマホで!というのであればvaingloryがおすすめです。

つい先日世界大会と5vs5の発表が行われたばかりの勢いのあるゲームです。

今回作ったのは、フレンドが気軽に募集できる掲示板サービスです

検索してみたところ1つしか募集できるサービスがなかったので作ってみました。

IGNだけは記入してもらわなければいけませんが、その他の項目は全て選択式になっています。

そのため、荒らし行為などはできないと思っております。みんなが気持ちよくゲームができるようになればいいと思います。

Vaingloryの最大の問題点

vaingloryは3対3で戦うゲームです。基本的にはフルパーティで遊ぶゲームなんですが、メンバーがいないときも多々あります。そんなときは1人で遊ぶのですが、「ランダム」にマッチするので仲間の実力に差があったり、自分が得意でないポジションをやるとどうしても下手になります。

本当はキャリーがやりたいのだが、マッチした仲間がキャリーを即ピックする、ということはよくあるんですね。

ですので、まずはやりたいポジションからマッチできるようになればいいのですが、待てど暮らせどそんな仕様にはなりません。

ということで、まずは自分がやりたいポジションを投稿してもらって、フレンドを送ってもらうことで一緒にやろうというコンセプトの掲示板を作りました。

宣伝する場所もないので、このまま作って放置するのですが、いつの日か検索からたくさんの人がきて、ソロランクの闇から1人でも多くのプレイヤーを救えればと思っています。

URL

https://vainglory.httqs.com/

どんなシンプルなサービスでも1つ作ると発見がある

今回に関しては、初めて画像認証機能を導入してみました。

Google reCAPTCHAについて

数年前からよくみる画像認証のアレです。

どうやってやるのかなと思ってぐぐってみたら簡単に導入できるということでやってみました。

この掲示板自体も実はプログラムを書き始めて、リリースして、今この記事を書くまでの1日かかっていません。途中動画をみたりそれこそvaingloryを5回ぐらいやっちゃったのでかなり、遊んでいたのですが、それでも1日で完成しました。

プログラマは、1つ1つできることが増えていくのが面白いです。今回はreCAPTCHAのやり方を覚えたので、次に同じようなサービスを作るときは「さくっと」導入できるわけです。そうやって作るごとに作るものが早くなっていくんですね。

そういえば、生まれてはじめてプログラムを書いて簡単な掲示板を作るのに三ヶ月ぐらいかかったんだとおもいます。今だと1日かかりませんでした。

普段は捨ててしまうアイデアを形にしてサクッと公開できるように土台を作る

今回の例はまさにこれでした。あまりに規模が小さすぎて本当や手をださないはずだったゲームの掲示板サービスなんですが、ドメインを1つとってサブドメインで公開するという作戦にしていることでサーバーとドメイン代を浮かすことができるんですよね。こうやってポンポンといくつかサービスをリリースしていければと思っています。

 リンク