TOPLOGO

人生攻略 | 仕事選びについて

2020-01-08 13:57:29

人生攻略サイトやりたいことライフハック

no_image
要約:人生を攻略したい人のための仕事選びについて思うこと。

クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! ズボラでも絶対できる 不労所得生活! なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか? 働きたくないけどお金は欲しい

はじめに

昨日は夜8時ぐらいに眠くなったので寝た。眠いと思っているのに無駄に作業するとミスを連発して良くない。8時に寝たら午前2時頃に目が覚めた。トイレに行ってもう一回寝ようかと思ったが眠れない。仕方がないので、仕事をすることにしたが、午前6時ぐらいにまた眠くなったので寝た、起きたら10時だった。睡眠を調整するのは結構難しい。

さて、お金についてだ。人生攻略したい者にとっては切っても切り離せないお金の話。これに関しても若いときから死ぬほど本を読んできた。ネットで検索して有名だと言われている本はほとんど読んだ。仕事とお金について個人的に思うことをまとめておく。これは元ネタがあるようでない(多すぎる)し、健康ネタではないのでそれほど気にすることもない内容になる。(健康に関しては専門家ではない私があーだこーだ思っているだけのことを書くのはちょっと危険だと思う)私はこう思うで十分だと思っている。

アルバイトをしてはいけない理由が分かればすべてが分かる

「アルバイトはするな」と何度も本を読んで聞かされてきた。時間を安く売ってはならない。バイトするぐらいなら図書館へ行って本を読んで自己投資をするべきだ。特に若いときは。ということだ。私はそのことについて同意する。図書館に行けば一冊数千円とする本が読み放題だ。万が一無いとは思うがバイトした金で本を買おうと思っているのであればそれほど無駄なことはない。当然ながらバイトをする人たちは、游ぶ金や生活費に困っているパターンが多いから一概にバイトはするなと言っているわけではない。ただ暇だからバイトというのはやめてほしい。バイトをすると人生経験が豊富になるという話はあるしバイト先もいろいろあるからこれも一概には言えないが、私は10代の頃、居酒屋でバイトして「こんな忙しい仕事があるのか」と思ったぐらいしか経験にはならなかった。そこで人間関係を作ったとしても、それは人生攻略するような仲間と出会うことは稀であろうと思う。

アルバイトは投資にならないからNG

お金持ちになるための基本パターンとして「投資」ということがある。お金持ちは全員といっていいほど投資をしている。これは自己投資も含めて投資だ。1日24時間を消費するのか投資に使っているのかが鍵である。

それでいうと、バイトは消費になる。「1時間☓☓00円で売る」という契約をしているだけに過ぎない。それではいつまで経っても金持ちと呼ばれるようにならないのは当たり前だ。

しかし、世の中には能力が身につくバイトも存在する。例えば、漫画のアシスタントのような仕事だ。自分がプロの漫画家になるために技術を学ぶことができる。編集者と知り合いになることができるかもしれない。プロの漫画家と人脈ができれば夢が叶う可能性がある。こういうバイトはOKだ。コンビニや居酒屋やスーパーといったようなバイトはNGだ。つまり、働きながら技能が身につくということがポイントだ。

金持ちになるには、権利に目を向ける

漫画のアシスタントはOKと書いた。なぜか。漫画家という仕事が儲かるポイントを抑えているからだ。この見出しにもしたが、「権利収入」ということを頭に入れる必要がある。人気漫画を描けば、単行本だけではなくキャラクターが売れたり映画化されたりといろいろなところで権利収入が発生する。漫画家が映画がつくるわけではなく、権利を貸すことによって収入を得ることができる。これが不労所得でもあるのだ。つまり、不労所得を得るためには、株や不動産を買うだけではなく、権利で得ることができる。この権利を獲ることができる仕事をすることがとても大事なポイントであり、この記事で主張したいことだ。

権利とはクリエイターが持つ

漫画家だけではなく、権利が持てる仕事は他にも多い。権利が持てるというか「権利を作る」と言ったような正しいかもしれない。

例えば、作曲家、作家(小説家など)、アプリ開発者、著作権を取得する行為などだ。

こういうクリエイティブな仕事をする人達がネットの普及によって爆発的に人口が増えた。こういう仕事は売れるか売れないかで天と地が分かれる世界であるし、昔ながら一握りの人たちしか成功しないといわれている。ただ、私はそうかもしれないが、ストイックにやり続ければ必ず成功できると思っている。そのための人生攻略サイトでもあるのだ。

なので、アルバイトして、ギャンブルしてテレビをみて、酒飲んで寝るという生活をしていては一生金持ちになることはない。そういうサイクルでは無理である。万が一あるとするならば、宝くじに当たるといったような運頼みになってしまう。

権利者としてのyoutuber

不労所得を得るためには権利者になれという話をしてきた。しかし、絵は描けない、面白い文章も書けない。音楽も駄目。アプリも作れないとなったとき、一昔前はブロガーが人気の仕事だった。ブロガーとして記事を書けば、今日書いた記事が1年後(未来)に読まる可能性があり、記事に広告が表示されているのであればいくから稼ぐことができた(不労所得)。しかし、時代はテキストから動画へと移り変わった。これはパソコンの性能が上がったこと、ネット回線が早くなったことに由来する。2020年は5Gが日本へやってくるのでもっと加速する。

動画をアップロードしておけば、1年後に動画を再生してくれる人たちがいるので、何もしなくても収入が入ってくるということになる。なので、動画をアップロードしまくってその可能性を増やせば自然と儲かるのだ。しかしこれもみんなやっているので、埋もれてしまう。「そんな簡単じゃねえよ」という声も聞こえる。しかしだ。ストイックに面白い動画とか何か、どうやれば再生されるのかを考えれば不可能なことではないと思う。そして、ノウハウもある。簡単じゃないのはみんな分かっているが、何も特技がなく、お金持ちになりたいときは今はこれが最先端であると思っている。少なくともバイトをして過ごすよりは可能性があるだけ毎日が楽しくなるだろう。もちろんヒットするまで収入がないので、他に働きながらということになるかもしれない。

またノウハウについてだ。youtuberと聞けば、顔出しで面白いことをするといったことを想像する人がいるが、それだけではない、自分が表にでなくても可愛い動物の動画や食べ物、料理のやり方やなどの教育系の動画もある。何が1年後も再生されるのかを考えて、一時的ではなく、普遍的に再生されそうな動画を作ると良い。もちろん時事ネタだけを取り扱っていくというのも作戦だ。何が当たるかは誰にも分からない。

youtuberのメリット

youtuberのメリットは、権利を作っているので、リスクがあまりないということだ。不動産や株を買って不労所得を得るというのはすでに金持ちがやることであるし失敗するリスクがある。1000万円で株を買ったが1年後には500万円の価値しかなくなっていたということもあるのだ。しかし、youtubeはアップロードが無料である。1本アップするのに1万円かかりますといったような話は聞いたことがない。もちろん機材は必要だがそんなバカみたいな値段はしない。また、動画編集の技術も身につけることができる。3年ぐらいやって、これは無理だと思っても動画編集スキルは身についているはずだ。そうすれば、どこかで編集マンとして雇ってくれるパターンもあるだろうと思う。ということで何もスキルがないよという人達において、おすすめの仕事だと思う。(編集マンになったとしてもまた仲間を見つけて再チャレンジすればよい)

どういう動画を作るか

youtubeはいいぞと書いたが、動画にも無限にバリエーションがある。みんながやっていることだけを真似たとしてもほとんど価値のない動画になることは分かるはずだ。みんなと同じことで成立するのは、すでに有名になった人たちだけだ。たぶんこれを読んでいる人に有名人は少ないと思うので、どういう動画を作るとよいだろうかについても考えてみたい。

別の仕事をしている動画

動画といってもゲーム実況や、歌ってみたや、バライティーの強い動画があったりする。個人的には動画の中で仕事をしている動画が強いのではないかと考えている。

簡単に例を出せば、絵を描いている動画を撮影するみたいな感じだろうか。(上記で絵の才能がない人はyoutuberと書いたが・・・?)

つまり、1日を有効に活用することが人生攻略のポイントなので、動画だけの動画を作るのは少しコスパが悪いのではないかと思っている。

例えば、庭に小屋を作るという動画あれば、再生数が稼げなくてもリアルに庭に小屋ができるので、メリットがある。完全に無駄にならないという意味だ。

「あわよくば、広告収入が入る」というのがポイントである。これは無限にパターンがある。私はプログラマなので、プログラミングをしている動画を作ることで広告収入を得ながらアプリ開発をすることができる。こうやって一石二鳥の働き方をするのだ。アプリとか漫画だったら動画をみてくれた人にそのまま宣伝ができるので、売れることがあるかもしれない。こうやって一石二鳥、一石三鳥の働き方ができるのだ。これが人生攻略の大きなポイントだし、今の時代の働き方だと思っている。

収入が増えてきたら

またそうやって権利を作る仕事をして得たお金を銀行に放置するのはよくない。

権利を作る仕事は儲かる、間違いない。で、3年とか5年とかやっていれば稼げるようになるだろう。そしたらその金を更に株や不動産に回すと良い。

そして、最終的には、株や不動産だけで生きていけるだけの金を稼ぐことが最終目的となる。そうなればもう働くことがなくなるといえる。

「働くことをしなくても生きていける」というのであれば、ハワイに行って遊んでいても不労所得が手に入るということになる。また健康のことだけ考えた生活をしていても問題ない。これが人生攻略だと言える。

まとめ

人生攻略をするためには「不労所得」がポイントだ。そして、それは株や不動産だけではなく、権利収入から得ることが可能であり、若い人たちはそこを目指すべきだ。

ブラック企業で消耗して、最悪な結果になる人もいる。誰かに雇われるのが安心するという意見もあるが、大企業もリストラをする時代になった。ネットという武器があれば個人でも戦える。それが今の時代に生きていてよかったポイントでもある。成り上がることが可能であるとも言える。また、個人だとストイックにやることがどうしても難しいから、自分に勝てるかどうか、誘惑に負けないとかいう精神的なことも大事かもしれない。しかし、売れなくても未来に希望があるという生活は生きていて楽しい。つまらない仕事をして未来が希望が持てないというのは私は無理だ。今働いていてピンときていない人はぜひ「権利収入」のことを勉強してほしい。いきなり仕事をやめたりすると家族も心配すると思うので、少しずつ合間に仕事をして、ある程度収入を得てからフルタイムのクリエイターになればいいと思う。

紹介と一人で権利を持つことの重要性

私はyoutubeに可能性があると前々から思っている。そして、需要があると思っていて、YouTuber仲間募集掲示板というものを運営している。完全に放置していたが少しずつ投稿が増えてきている。もし一人じゃ不安だ、ストイックにできそうにない。というのであれば募集してみてもいいかもしれない。どういう人がどういうタイミングで何を募集しているのかは分からないので、責任は取れない。投稿を見ていく限り趣味の一環としてやってみたいという投稿の方が多いかもしれない。動機がどうであれ、不労所得が手に入りみんなに需要にある動画が増えていくことは良いことだ。

また、この記事は掲示板を宣伝する目的で書いたわけではない、人生攻略をするための方法としての働き方としてyoutubeが良いのではないかという話を盛り込んだ結果こうなった。金持ちになりたければ、「一人で権利を持つ」ことが重要なので、不用意に仲間を増やそうとする行為はおすすめしないと断言する。また、ネットでどういう育ちをしたか分からない人、どういう宗教を信じているかもわからない人と組むというのはリスクの方が高いと感じる。利用するときは安全第一で利用してもらいたい。

 リンク