TOPLOGO

人生攻略 | 休日について

2020-01-11 10:43:38

人生攻略サイトライフハック

no_image
要約:ストイックな生活ではいずれ疲れ切るかもしれない。

ライト兄弟: イノベーション・マインドの力 超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由 時間は存在しない 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方 時間革命 1秒もムダに生きるな

はじめに

ストイックな生活をすることで、生産性を上げることについて書いてきた。

しかし、ストイックな生活を1年中するとどこかで疲れ果て、壊れる可能性がある。自動車にせよ飛行機にせよ、メンテナンスというのは定期的に行われるように、人間も休むことはとても大事だ。

宗教によっては日曜日は仕事をしないと決めているところもある。

では、どうやって「正しい休み方」をしたらよいのか。

その前に・・・

ストイックな生活を過ごしているが毎日100%の力で生活しているわけではないと書いてきた。

基本的に仕事は午前中(午前5時〜正午まで)にその日の分を終わらせるようにする。

そして、昼からは比較的自由な時間の使い方が望ましい。本を読む、散歩にいく、部屋の掃除をするなどだ。

なので、個人的には1日丸っと休む必要はそれほどないのではないかと思っている。しかし、ガッツリ1日本を読みたいとか、山登りしてみたいとか、大掛かりなことがしたいときは1日休めばいい。普段と違ったことをすることで、何か新しい発見もできるかもしれない。

また、まとめ買いした漫画なども一気に読めばいい。(個人的にはそういうことはしないが)

ということで、普段の日も昼からは比較的自由に動けているので、1日休みたいと思うことはない。むしろ自分が好きなことを仕事にしているので、休めと言われても頭の中で考えてしまっている。

正しい休み方

ブロガーではないが、こういう記事を毎日書くことは大した苦労ではない。ネタもある。が、あえて書かないという日を作るというのが、正しい休み方だと思っている。「できるのにあえてやらない」ということだ。

先へ進まず、今までの仕事を確認するというのも良いかもしれない。例えば文章だったら誤字脱字を確認してみるだとか。ブックマークをしたサイトを読み返しにいってみるだとかだ。過去にやったことをもう一度見直すことで、メンテナンスする。

また、身体も物理的に休ませた方がいいかもしれない。1日8時間寝ているとしても、9時間寝たい日もある。椅子に座りっぱなしの仕事をしているなら、マッサージに出かけるのも良い。歯医者も半年に一度は行きたい。美容室もある。そういった身体のメンテナンスも休日を使って行くようにする。普段なかなか掃除ができない場所もすると良い。またいらないものを捨てるというのも休日にすると良い。欲しいものはリスト化しておいて、まとめて買うようにする。

友人と会って食事をすることも、家族と一緒に過ごすことも大事だ。ということでで、実は休日のほうが忙しいかもしれない。

正しくない休み方

休みだからといって、パチンコに行ったり、1日ゲームをしたりすることはないように。そういった刺激は脳を悪くする。耳も悪くする。目に毒という言葉があるが、そういうのは本当にあると思っている。どうせなら美術館とかにいった方が良い。また、休みだからといって暴食をしないように。食べ物は常に気をつける。休みを決めて1日断食するぐらいのほうがむしろ良い。どういう情報を頭に入れるかによって人間は変わる。何を選択するかで、人生も大きく変わっていく。

余暇になにをするか

もしこれを会社員が読んでいるときのために、一応書いておく。仕事が終わって寝るまでの時間に何をするかがかなり大事なポイントだ。酒を飲んでテレビを見て寝るという王道パターンであれば人生は何も変化ないだろう。人生をより良いものにするためには、余暇になにをするかを考える必要がある。もちろん、仕事によっては余暇なんてないよという人もいるかもしれない。今の仕事に満足していないのであれば、余暇を使ってコツコツ何かスキルを身に着けて脱出を試みるべきだ。

まとめ

次の休みのは何をしようかと考え、リスト化しておくと良い。休みにすることも淡々とやったほうがいい。

生産性を上げ続けて、一生暮らせるだけのお金を手に入れたのであれば、そこからは自由だ。そこまでいくと逆に仕事が楽しくてしょうがなくなっているかもしれないが、世界には星のついているホテルやレストランがあり、世界旅行にでもいって、楽しく過ごすことも可能だと思う。(もちろんそんなことしたくない人も大勢いるとは思うが)

 リンク