TOPLOGO

やりたいことがないは単に情報不足ではないか

2020-01-29 23:50:53

人生攻略サイトやりたいこと

no_image
要約:やりたいことがない人へ

新版 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった るるぶクルーズのすべて2019~2020 (JTBのMOOK) 最後の秘境 東京藝大: 天才たちのカオスな日常 (新潮文庫) 眺めの良い店 横浜・湘南 (ぴあ MOOK) へんなギャラ~新しいお金の稼ぎ方、発明マニュアル~

知らなければ発想に出てこないのが普通

やりたいことがないと1日ぼーっと過ぎてしまうし、やりたいことがあると1日が早い。寝るのも勿体ない気がする。人生一回だからやりたいことがあればやればいいし、なければないでぼーっとしていればいいと思うが、まあやりたいことがあったほうが楽しいとは思う。

で、世の中にはやりたいことがないという人が多いが、それは情報不足だからなのではないかと思う。

最近偶然に豪華客船での仕事を紹介する動画をみた。あえてURLは載せないがyoutubeにある。

1日3万食をどうやって作っているかという動画だった。

普通に田舎で小、中、高校、大学と行って就職すると世の中は豪華客船で働いてるという人がいることはぼんやりわかりかもしれないが、そこで働こうとはあまり思わないのではないだろうか。私の学生時代の知人で豪華客船で働いているという人は一人もいない。これまた、偶然にもテレビで豪華客船でマジックショーをしているという夫婦が映っていたが、そういうところにも仕事があるんだなあとか思った。

親の影響というか周囲の環境というか(これが人生の8割を決めているらしい)で、やりたい職業もなんとなく絞られていくるのではないか。

親が医者なら子も居者になりそうだし、親が学校の先生なら子も先生になりそうだ。政治家も最近はそんな感じだろうか。結局「知ってる範疇」でものを考えるのが人間だから、突飛なことは突飛な出会いがなければ発想にすら浮かばない。

ゆえに、子供の人気職業ランキングなどで、youtuberやプログラマといった仕事が上位にくるのはそのせいだ。普段見ているものの中から職業を選んでいるというだけの話である。

若い頃にもっといろいろな職業を知るということが大事

誰かに感化されず、仕事を1から作るというパターンも稀にあるが、本当に稀だ。

漫画家になろうと思った人は、何かの漫画を読んで感動したから自分も他人の心を動かせる漫画を描きたいと思ったに違いない。結局そうやって、何かを見てモノマネからスタートしたパターンが多い。

面白い人生にするために本を読みまくれ

情報はとても大事だ。仮に、毎日同じゲームをしていたのでは情報が偏ってしまう。

「こんなことしている人がいるんだ」とわかることがとても大事だ。好きだった番組にクレイジージャーニーがあるが、ああいう番組も刺激になる。みんな好き放題やってるなあという感じだ。

ハワイの大学に行く人、沖縄の大学に行く人

高校を卒業してからは結構自由な生活ができるようになる。過去にハワイの大学に行った人もいたし沖縄の大学に行った人もいた。ヨーロッパのほうでは学費無料といったようなところもある。こういうのはただの情報だ。留年には金がかかると思い込んでいる人もいるかもしれないが、少し検索してみると面白いことがわかるかもしれない。

ファン・カストーディアルという仕事

ディズニーシーにはファンカストと呼ばれる人達がいる。youtubeに動画があるから知らない人がいれば検索して見て欲しいが、個人的にはかなり面白い仕事だなあと思った。もし私が小学生でそういう仕事があるのかと知っていたら少し人生が違っていたかもしれない。

日本国憲法第22条を忘れない

日本国憲法 第22条(にほんこくけんぽう だい22じょう)は、日本国憲法の第3章にある条文で、居住移転の自由、職業選択の自由、外国への移住、国籍離脱の自由について規定している。
-wikipedia

家業を継ぐ必要もないし、生まれた家にずっと住む必要もない。やりたいことがあればやればいいし住みたい場所があれば住めばいい。人生は努力次第でどうにかなるようになっているので、やりたいことをとっとと見つけて楽しむべきだ。

やりたいことがないときは金を貯める

何をするにも、どこに住むにも金が必要になることが多い。将来やりたいことが見つかったときのために貯金はしておこう。

 リンク