TOPLOGO

悩み相談をされるのが嫌いではない話

2020-02-02 05:13:39

悩み相談アイデア

no_image
要約:悩み相談掲示板を眺めているときに思うこと。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 日本縮約版

はじめに

みんながどんな悩みを抱えているのか気になる。個人的には悩みがないというわけではないが(少ないほうだ)、一応選べる立場にあるので、この悩みは受け入れておこうというテンションでいる。その話もしたい。

悩み相談掲示板について

悩みがないのが悩みぐらいのテンションでここ数年生きている。

自己啓発本やらを読みまくったせいだと思うが、解決してきた。

だからときどき悩み相談掲示板をのぞいてみんなが何に悩んでいるのかを知ろうとしている。

人が悩むのは大きく分けて二種類

悩み相談掲示板を除くと悩みは2種類に分けられるように思う。

1つは人間関係で、もう1つがお金だ。

金がないことによる人間関係のトラブルというダブルパンチもありがちだ。

悩み解決方法

例えば、先輩や上司が嫌いというパターンの悩み相談の場合、どうしようもないかもしれない。

現実的に考えて逆らえない。働いている場合は会社をやめるという選択肢になりがちだ。そもそも嫌いというのは嫌われているパターンが多く、悪意を持って接しられている、ということは敵だと思われている。そうなったらどうしようもない。その場から立ち去るのが良いが、現実はそう簡単にはいかない。

ゆえに、結局のところお金をたくさん稼ごうという話になる。嫌なことをしなくてもいいように金がいると最近は思っている。好きなものを集めるという使い方もあるが、嫌いなことをしなくてもいいようにするという考え方は個人的に好きだ。

お金がないという悩み

家族が嫌いで家を出たいが金がないという悩みがあったと仮定する。これに関しては稼ごうぜという話に尽きる。ネットがあるからいろいろ仕事は落ちている。クラウドソーシングとかを使うパターンが多いかな。物を転売するという方法もあるかもしれないが素人が適当にやってうまくいくような気がしない。クラウドソーシングなら、ネーミングを考えて欲しいといったような簡単なものもある。

前も記事にしたが、「命がけ」で何かやったとき達成できないことは何もない。金が本当に欲しい。本当に家を出たいと思ったらガチって仕事をすれば1年以内に出ていくことは十分に可能だと思う。(未成年の場合はまた話が変わってくる)

悩み相談は結局背中を押して欲しいだけかもしれない

好きな人に告白するか迷っているという悩みがあったとする。

基本的にはするしかないと思っている。人生は一度切りで死んだらおしまいだからだ。結局最後は死ぬので、後悔がないようにするという考え方ができれば、遠慮したり躊躇することはなくなるのではないだろうか。

好きな人に付き合っている人がいるパターンでも、好きだったことを伝えるというのはありだと思っている。相手に迷惑かもしれないなどはあまり考えなくてもいい。もちろん大事な試験の直前に言う必要はないしタイミングはある程度計算するべきだが、言わないよりは言ったほうがいいだろう。

告白したい系の悩みは最初から告白すると決めているのではないかと思っていたりする。つまり、「おう、がんばれよ」と言ってほしいだけなのかなと。

他人の行動を変えたいパターンは基本的に無理

彼氏がパチンコをやめてくれないという悩み相談があったらどうするかというと、諦めろというだろう。

依存症になっているかもしれないし、やめろといってやめるようなものでもない。

法律的にも問題ない。となるとどうしようもない。一旦説得して行動を変えさせたとしてもまた繰り返す可能性は高い。

他者を変えるというのはとてもむずかしいことだ。他人を変えるより自分が変わったほうが何倍もはやい。

物も人間関係も減らそう

私が悩みが少ないのは、物も人間関係も少ないからだ。トラブルの元になりそうなものがない。ないというか無くしている。

大事なものを持っていると、それを失うかもしれないという不安にかられるかもしれない。それがすでにストレスだ。

人間関係もこの先ないなと思ったら少しずつ連絡を取らないようにしている。

トラウマを消す方法

やることが決まっているとそれだけに集中することができる。

過去のトラウマが消せないという悩みがあったとき、それは今やるべきことに集中できていない状態なのではないかと思う。

目の前のやりたいことに集中していれば思い出すということはしない。何かやりたいことをみつけて、それだけをやっていれば変なことも考える時間も大幅に減らせるだろう。

何か嫌なトラウマを思い出して凹む時間があるなら未来にむけて行動するべきだ。

本当の悩みは医者や警察、弁護士などの専門家に頼るので結局会話をしたいだけかもしれない

背中を押してほしいと意味が近いが、悩み相談掲示板に投稿する人達は悩みを相談する相手がリアルにいない可能性が高い。

なので、寂しさを埋めるために投稿しているかもしれない。

家のお金が定期的になくなっているという悩みであれば、警察に相談してくださいという話になり、掲示板の住民ではどうすることもできない。また病気になっているのであれば医者に見てもらうのが早い。あーだこーだと一般人が教えたところで意味がない可能性が高い。

お金を貯めよう

悩みはほとんどお金で解決できるので、貯金を作っておこう。嫌なことから逃げるためにもお金は重要だ。

最後は死ぬので、後悔しないように

やりたいことがあったらとにかくやるべきだ。遠慮はいらない。法律は守れ。

悩みを選ぶ

例えば、家賃5万円で住んでいて、騒音がうるさいという部屋にいるとする。

家賃7万円の部屋に引っ越せば静かになることが分かっているとする。

この場合2万円で騒音を解除するのは損か得かという話になる。

うるさいといっても24時間いるわけでもないし、寝るときは耳栓をしたら静かになるなら我慢できる。

このように「この悩みを解決するときのコスパはどうだろう」と考えるのはいいかもしれない。

我慢できるものは我慢したほうがいい。どうしても無理なら、解決するべきだ。

将来の夢を叶えるために留学したいが、どうしようか悩んでいるというのであれば行くべきだ。これは単に勇気の問題になる。

嫌われる勇気

嫌われる勇気という本があって、私も購入して持っている。中身の話はおいておいて、タイトルが素晴らしいと思う。

結局最後は勇気の問題かもしれない。現代は八方美人で生きれるような世界ではない。自分の悩みを解決するのに他人に嫌われる可能性はある。そのとき嫌われる勇気があるかどうかだ。

誰にも嫌われたくないというのであれば、一生周囲の顔色をうかがって大人しく生きていくしかないだろう。どういう日々を過ごしても結局最後は死ぬしかないのだ。

悩み相談を受けるのは難しい

悩み相談を受けるのは難しいよいう話。

文章では相手のバックグラウンドが分からない。ふわっとした質問にはふわっとした回答しかできない。

一般論としてはこうだよという話なら本人もわかっていると思う。

そして、質問者になることはできないので本当のところは分からない。

「その質問に答える前にいくつか質問したい」ということになるだろう。難しいと思う。

日本にいるだけで結構幸せだけどね

世界から見れば日本にいること自体幸せなことだ。未だに土でできた家で暮らしている人もいる。泥水を飲んでいる子供もいるだろう。

簡単な病気で命を落としている人も多い。

全体的に日本で生きていること自体幸せなことだよということは知っておいて欲しい。かといって、謙虚じゃない人も多いから面倒なことになるんだろうけどね。

精神論というよりはやっぱり金だなと

いろいろな本を読み倒してきたが、結局金だ。瞑想をするとストレスを減らせるぞと言われたところで、それは金に余裕のある人たちがすることだと思ったりする。金があっても悩みがあるというのは結構贅沢な悩みの部類だ。

ということで、毎日何か悩んでいる人は深いことを考えず稼ぎましょう。

 リンク