TOPLOGO

Youtuberを武器がないのに始めようとしているのは無謀だと思うが対策もある

2020-02-02 18:36:30

人生攻略サイトライフハック精神論勝負ゲーム

no_image
要約:勝負をしているという自覚があるのだろうか。

やり抜く力 最高の戦略教科書 孫子 もし孫子が現代のビジネスマンだったら 孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫)

はじめに

YouTuber仲間募集掲示板というのを独自開発し運営している。

投稿数は1200を超えた。私が100件ぐらいテストをしていると見積もっても1000件は超えているだろう。

全ての投稿は時間があるときに見ていて不正なものは削除している。(見逃してるものもあるかもしれない)

見ていて思うのは、仲間を集めたとどうやって「知名度」を上げていくんだろうということだ。

もちろん、趣味としてyoutubeをやりたいという人たちも多いが、結局見てもらうことを目的としているので、視聴者を集める必要があると思っている。(自分たちだけで楽しむなら動画サイトにアップする必要がない)

でも、投稿を見る限り一般的なことをしようとしている。

後発組で先駆者がやっていることを真似て視聴者を獲得できるのかと言われると難しいだろう。

何か武器がなければ戦いにすらならない。

知名度を上げる武器

知名度を上げる武器を用意しているだろうか?

そして、何が武器になり得るのだろうか?

ここでは例をあげておく。

・容姿が良い

・動画編集がうまい

・プロレベルの特技がある(ゲーム、歌、演奏、絵、トーク力、料理、DIY能力、メイク、など)

・企画力がある(みんなと違う面白いことができる)

・お金がある

・最初から知名度がある。あるいは、有名人と知り合いですぐにコラボできる

・住んでいる場所が特殊(インドとか)

容姿が良ければそれだけで成り立つ

私が登録しているチャンネルでは、元女優が芸能界に嫌気がさして(?)やめたあとyoutubeをこっそりスタートしたという人がいる。

既に人気チャンネルになっており、1年で30万登録者を超えている。

見ていて思うことは、ただ癒やされるということだ。顔が圧倒的に良いので、何をしていても見ていられる。見なくてはいけないような気さえする。

そうえいば、本田翼のゲームチャンネルがあるが顔出しをしていない。顔が武器だと思うので、武器を使うという意味で顔出し配信にするべきだと思うが既にそんなの関係ねえと言わんばかりの登録者がいる。仮に、素人で知名度0からのスタートであれば、武器を全面に出すべきだ。

胸が大きい人がピアノを演奏したり料理をしたりしている動画もかなり安定的に人気がある。顔出しは特にしていないし、トーク力もほとんどない。

でも、それは戦略として正しい。自分の武器を理解してフル活用する。それが最善の方法だからだ。苦手なことはやらないほうがいいかもしれない。

なので、youtuberをやりたいと思うのであれば、自分が持っている最大の武器は何かを考える必要がある。

本当はその武器を使いたくないと思ったとしても、知名度を得るまでは仕方がない。知名度を得て、チャンネル登録者数が数万となったところで本当にやりたいことにシフトしたら良いのではないか。

男も顔出しをするなら軽く化粧をする

結局どれだけ編集を頑張ったとしても、動画に出ていることが全てだ。演者は少しでも容姿が良い方がいい。芸能人は男も全員化粧をしているし照明なども気にしている。そういう世界だからだ。youtubeをみていて思うのは照明だったり化粧だったりを全くしていない人が多いということだ。服装も気を使ったほうがいい。人は見た目が9割という書籍もあるぐらいだ。本気で知名度を得たいなら宇宙海賊ゴージャスぐらいやってしまっても構わないと思う。

私は興味がある分野を検索してyoutubeを見ることが割とあるので、その辺りが気になっている。男も見た目に気を使おう。

99.9%は失敗する

何も武器を持たない1000のチャンネルが今日作られたとして生活できるレベルまで稼げるようになるチャンネルは1組ぐらいだ。

その中に自分が入れるかどうかはかなり怪しいと思わないだろうか。余程の武器がない限り戦いにすらならない。

継続をするという武器(対策)

何も武器がないという人も1つだけ武器になるものがある。それが継続だ。

継続は唯一誰でも武器にできる。「youtubeに動画を1000本アップしています」というのは既に武器だ。

継続は力なりという言葉もある。諦めないことは重要なことだ。しかし、3年経っても鳴かず飛ばずでは辛い。

実はこのブログはこれが「99個目」の記事だ。100個を目指して最近飛ばして記事を量産している。100個になったところで何が変わるわけでもないだろう。しかし、継続しているだけで評価されることもあると思っている。

序盤、中盤、終盤

みんながyoutubeを始めようと思うきっかけは、大手のyoutuberが楽しそうにしているからだ。もちろん大金を得ているのも魅力的に映っている。

しかしそれは、「終盤の人達」を見ているだけに過ぎない。

物事には順序がある。終盤で楽しそうにしている人達に憧れるのは良いが自分がいざ初めてみると思ったのと違うという話になる。

序盤と、終盤では全く戦い方が違うのだ。

そのギャップでyoutubeをやめてしまう人もいるかもしれない。

そして、序盤ではとにかく知名度を上げていくということに全力になる必要がある。終盤で安定してくれば知名度を得ようというよりは守りに入る可能性が高い。今までやってきてウケたことをやり続けるという感じだろうか。突飛なことをする必要がなくなっていくのだ。そして、序盤の人達が突飛なことをせず、安定勝ちを狙ってしまっているように見えている。今はまだ安定を目指す段階ではないのにだ。目立つことをしなければどうしようもない。

仲間集め

一人で成功できる人は余程の武器があるか根性があるかのどっちかだ。既に飽和している業界でどうやって成り上がっていくのか。

一人ではできない企画を一緒にやってくれればもっと早く知名度を得られるかもしれない。

私はただ記事にするだけではなく、仲間を無料で募集できる掲示板を運営しているのでぜひ使ってみて欲しい。

一時的に仲間になるという作戦

「知名度を得るまで仲間になろう」というのもありだ。お互いのフォロワーが1000人を超えたら解散するとかでもいいかもしれない。

なんとか、知名度を得て多くの人が幸せになってほしいと思う。

命がけでやるなら失敗はない

どうしてもyoutuberとして成功したいなら命がけでやればいい。これが最終手段だ。全て知恵を尽くしてもまだ食っていけないのであれば、最後は命がけでやるという作戦しかない。

宣伝方法から考えて動画を作る

好きなことで生きていくという言葉が一人歩きしている。好きなことができるのが売れてからだ。それまでは売れる方法を死ぬ気で考えよう。

何がバズるのか。宣伝にお金がかけれないならそれをまず最初に考えて、それに合わせていくべきだ。何か武器がないのか探してみよう。武器がない状態での人まねではうまくいかない。毎日投稿していれば、誰かが拡散してくれるだろうと、運に頼るのは愚かな行為だ。

 リンク